看護師免許の取得条件

看護師になりたい。
そう思う人はたくさんいます。
特に女の子の場合は、具合が悪くなったときの看護師の笑顔や優しさに触れるうちに看護師になりたいという夢を持つ子も多いようです。

しかし、ほかの職種のように、なりたいからといって簡単になれる仕事ではありません。
人の命や健康にもかかわる専門性の高い、責任の重大な仕事であるために、業務独占資格といい、看護師の試験を受けて合格したものしか看護の業務に携わることができないのです。
看護師の資格には2種類あります。
ひとつは中学卒業後、看護高等学校(高等学校の看護科など)で3年学んだ後に、都道府県で行われる准看護師の試験を受ける准看護師の資格。

もうひとつは、看護高等学校でさらに2年の専攻科で看護師としての技術や知識を学んだり、高校卒業後看護師養成資格のある学校(専門学校や短大、大学など)で学んだ後に、看護師の国家試験を受けて正看護師になる方法があります。
病院で働く分には仕事内容にほとんど差はありませんが、准看護師は正看護師の指示がないと仕事ができないのですが、正看護師は医師の判断で自己判断で仕事を行うことができるなどの違いはあります。
また、一部の地域では看護師全体の質の向上を図るため、准看護師の試験を撤廃した自治体もあります。
看護師の試験には准看護師の試験と正看護師の試験の二つの種類がありますが、自分の地域ではどういう状況で行われているのかをよく確かめて試験を受けるようにしましょう。